FC2ブログ
 

江戸川区、瑞江、田所歯科医院的コラムとか、ブログとか、その他もろもろ。江戸川区瑞江の歯科医が、思い立ったことを思い立ったまま、なんとなく更新していくんじゃないかと。 

歯周病は薬では治せないの?

   ↑  カテゴリー: なんで歯周病になるの?
歯周病の原因が細菌による感染症だということは前回書きました。
感染症であれば、抗菌薬によって体内の細菌を除菌するのが一般的な治療法です。
しかし、大きく腫れたり痛みが出ているような急性症状が出ている場合以外では、抗菌薬を服用しても、歯周病の治療にはあまり効果がありません。
消毒の薬でうがいをして、口の中を殺菌してあげればいいじゃないか。
確かにその通りなのですが、これがなかなか難しいのです。
これにはバイオフィルムというメカニズムが関係してきます。

バイオフィルムバイオフィルムとは、一番身近なのは台所の流しに見られるヌメリです。あのヌルヌルした気持ち悪いやつ。バイオフィルムの中では様々な細菌や微生物が共存し、情報を共有、伝達しながらコミュニティーを作っています。
簡単に言えば、それぞれの細菌がお互いの特性を利用し合って共存共栄しているのです。協力し合って一つの社会を作っています。。
微生物もあなどれません。
細菌達は細胞外多糖という物質を分泌します。これがヌメリの元で強いバリアーとなります。
このバリアーがとても強力で、抗菌薬や相当強い殺菌剤であっても、中にいる細菌達にはほとんど到達しません。
一度バイオフィルムが完成してしまうと、バリアーで守られた細菌達には薬が効かず、除菌出来ないのです。
これが歯周病が薬で治せない最大の原因です。

ではどうしたらよいかと言うと、歯ブラシで物理的にぬぐい取るしかありません。
幸い、バイオフィルムのバリアーはそれほど固いものではなく、歯ブラシが当たればすぐに取れます。
毎日のブラッシングでどれだけバイオフィルムを除去することが出来るか、それが歯周病治療、予防の基本なのです。

しかし、日々のブラッシングだけでは深い歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の中のバイオフィルムや、歯石の下のバイオフィルムを取り除くことが出来ません。
これには歯科での定期的な、スケーリング・ルートプレーニング・PMTCなどの処置が必要になってきます。

なんか、また耳にタコができるような、予防が大切、毎日のブラッシングが大切、定期検診が大切、って話にループして戻ってきてしまいますが。
本当に大切なんですから……。

江戸川区 瑞江の田所歯科医院ホームページへ

FC2スレッドテーマ : 歯医者 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://tadokoroshika.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

2012/01/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 歯周病は薬では治せないの?

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback